thiiDa2 WEBサイト
お問い合わせはビジュアル・グラフィックス株式会社
thiiDa2
製品概要
活用事例
システム要件
お問い合わせ
製品概要
DIの普及、HD/2K/4Kに代表されるように、デジタル化とデータの大容量化が映像制作において進んでいます。この流れのなか、映像制作現場において構築される大容量ストレージに存在する大量のファイルを管理する仕組みが必要とされています。 thiiDa2はブラウザによるファイル管理を起点にデータベース構築、アップロード・ダウンロード、データバックアップまでストレージ運用と制作ワークフローを幅広くサポートします。これによりクリエイター、プロデューサー、監督など制作作業に関わる全てのスタッフがデジタルデータの共有・活用・コラボレーションを効率的に行い制作作業全体の生産性を大きく高めることが可能になります。
metaSAN
映像素材の共有
thiiDa2は独自エンジンによりストレージ上の連番ファイルや動画ファイルのプレビューを生成しWebブラウザに表示します。アプリケーションがない環境で行えるため、進行中のデータチェックや素材検索が効率的になります。また、管理されたファイルに属性情報を付加し、作品名やプロジェクトに関連したキーワードでのデータ管理も可能です。
CG/合成/編集作業の効率化
連番ファイルのチェックや利用素材の収集、レンダリング後のデータチェックなど、従来はデータ検索やアプリケーションの立ち上げに時間を要していた工程を大幅に合理化します。またthiiDa2はSANやファイルサーバと連携し、ボリュームを直接マウントして作業することが可能です。データの検索に加え、ストレージとの連携によりファイルのアップダウンに要する工程が無くなります。
データのバックアップ
thiiDa2は管理対象ボリュームのDisk to Diskバックアップを自動で行う事が可能です。ストレージに障害が発生した際や、作業の中断、データのロストなどが万が一起こってしまった場合でも、即座にバックアップデータに切り換えて作業を進めることが可能です。キャプチャした素材や時間を費やして作成した映像データを常に二重化する仕組みを提供します。
コラボレーション
thiiDa2はWebブラウザを通じ、ストレージに管理されたファイルを外部へ公開することが可能です。インターネット環境があれば、外部のスタッフが制作の進捗確認ができます。更にデータのアップ&ダウンロードもインターネットを介して行えるため、場所・時間を問わず制作に参加することが可能です。もちろんユーザーIDでアクセスできるボリュームや権限を設定できるのでセキュリティ面も万全です。
ストレージ内のファイルをWEBブラウザから管理
大容量になりがちな映像ストレージ内のファイルをブラウザから管理できます。連番ファイルやムービーデータはプレビューで確認できる他、ストリーボードでフレームの流れを調べたり、ストリーミングで動画再生することでデータの最終確認が行えます。必要な素材にはディスクボリュームを直接マウントすることによりアクセスし、必要なアプリケーションを立ち上げて利用することが可能です。ブラウザからのダウンロード、アップロードでインターネット経由でデータの受け渡しができます。
WEBブラウザでデータをプレビュー
デジタル映像制作に必要な各種シーケンシャルファイルやムービーファイルのプレビューを自動生成しブラウザから管理します。それぞれストーリーボードによる映像イメージの確認をブラウザから行う事が可能です。
サムネイル表示
metaSAN

ストーリーボード
metaSAN
ストリーミング再生
プレビュー画像をクリックすると連番ファイルやムービーファイルをストリーミング再生する事が可能です。ブラウザから実行できるため、インターネット経由でも映像データを確認できます。
metaSAN

3DCGサポート
3DCGアプリケーションで制作したシーンデータのプレビューをマニュアルで登録することが可能です。登録したデータとデータベースを組み合わせる事により、映像データと同様に一元的に管理を行います。
ダウンロード・アップロード
ダウンロードボタンのワンクリックでインターネット経由で実データのダウン ロードが出来ます。またアップロード機能を選択しデータを参照するだけでファ イル単位のアップロードや連番データなどはフォルダにまとめてアップロードす る事が可能です。
ダイレクトマウント
検索しプレビューイメージで確認後、制作で利用したいデータを直接活用できます。プレビュー画面の中のフォルダアイコンをクリックする事により、オリジナルデータが保存されているSANボリュームのフォルダを立ち上げてダイレクトにマウントします。通常の制作システム同様にアプリケーションを立ち上げてデータを利用可能になります。
大容量ファイルのオンラインレジュームデリバリー
利用者はボタンクリックの簡単な操作でファイルまたはフォルダのアップロード/ダウンロードが可能です。100GB以上の大容量データ転送に対応しており、大容量データ転送に不可欠なレジューム機能を実装しています。映像制作環境におけるオンライ ンワークフローをサポートします。
データベースシステムの構築
ファイル情報にデータベース情報を追加する事により応用範囲を広げる事が出来ます。作品名やプロジェクトに関連したキーワー ドで検索し、映像素材へのアクセスが可能です。キーワードの入力や更新はブラウザから実行可能です。データベースの構築により映像データのアーカイブ、素材のライブラリなど資産の有効活用が促進されます。
柔軟なデータベース構築
SAN ボリューム内に保存されたデータの拡張子やファイル名等の基本情報は自動的に登録されます。さらに必要に応じて任意のメタデータ項目を追加・削除する事が可能です。これらのメタ情報はブラウザから登録・変更・削除が可能になります。また、データベースへのTAB/CSVファイルのインポート/エクスポートもサポートします。データベースにアクセスする事により任意のメタデータによる検索やプルダウンメニューからの検索、複合検索などサポートします。
metaSAN
マルチエンコード機能

thiiDa2で管理されている映像ファイルのマルチエンコーディングが可能です。例えば、DPXファイルをWebサイトに向けてFlashへエンコードするなど、ワンソースマルチユースへの対応を大幅に強化します。

metaSAN
ユーザID発行
ユーザIDとパスワードによるアクセス許可権の設定から、アクセス可能なデータボリュームやデータベース項目などの制限をブラウザから設定する事が可能です。また任意のユーザグループを登録する事により、グループ内での共通情報の管理やデータベースへのアクセス制御が可能になります。
映像ストレージのバックアップ
大規模な映像ストレージに障害が発生した時は大きな損害を被ることになります。実ボリュームの複製を自動的に作ることにより、事故やミスによりストレージが故障したり、デー タが損失しても複製のボリュームに切り替えてアクセスする事により作業を中断する必要がなくなります。キャプチャした素材や時間を費やして作ったCG データを常に二重化する仕組みを自動 的に提供します。
スケジュールで自動バックアップ
管理画面からバックアップスケジュールを指定するだけでボリューム内のDisk to Diskバックアップを定期的に行います。